【ラブライブ】花陽「私の我慢してること……」その2【安価ss】

LINEで送る
Pocket

前回:【ラブライブ】花陽「私の我慢してること……」【安価ss】

 

107 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 21:19:18.83 ID:Icw8kpRD.net

.

―――夜、真姫宅―――

凛「やっぱり真姫ちゃんの部屋は広くて快適だにゃー!」ゴロゴロ
真姫「ちょっと、人の家でくつろぎ過ぎよ」

凛「意外とマンガもあるし」ペラペラ
真姫「もう、読んだらちゃんと戻しておいてよ」

花陽「お母様の料理も美味しかったです♪」
凛「凛の家じゃ食べられないようなお肉だったよ!」
真姫「ふふ、ありがと。友達が来るって言ったら変に張り切っちゃったみたい」

凛「真姫ちゃんなんてお米の炊き方さえ知らないのに!」
真姫「できるわよそれくらい!!」

 

 

108 :名無しで叶える物語(わんこそば)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 21:20:15.78 ID:UIb223H2.net

洗剤で洗いそう

 

 

109 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 21:22:31.05 ID:Icw8kpRD.net

.
凛「ま、お米に関してはかよちんの右に出る者はいないけどね」
花陽「ふえ!?」
真姫「それはさすがに反論できないけどね」
花陽「いやいや、それほどでも……///」テレテレ

 

 

凛「ところでさー真姫ちゃん、真姫ちゃんもこーゆーマンガ読むんだね!」

真姫「ん? どんな?」

花陽「ゆ、百合姫……って……」
凛「キュンキュンしちゃうにゃー///」

真姫(きゃああああああああ!!!!)

 

 

110 :名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 21:26:49.92 ID:qW3T96+f.net

きたかガタッ

 

 

111 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 21:31:22.23 ID:tFBBZvlK.net

はよ

 

はよ

 

 

113 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 21:32:15.66 ID:Icw8kpRD.net

.
真姫「そっ……それは! あれよ!!」

真姫「ほ、穂乃果が無理やり貸してきたのよ! 私が買ったんじゃないから!」

凛「ふーん、穂乃果ちゃんが……ね~?」ニヤニヤ
真姫「くっ……///」

花陽「……///」

凛「大丈夫だよ、たぶんμ’sの皆も基本百合だと思うし」
凛「こんな参考書の奥に隠しちゃって……恥ずかしがることないにゃー♪」

花陽(みんな百合……やっぱりそうなんだ……)

 

真姫「ああもう! そうよ! 自分で買ったのよ!」

真姫「認めるから、そんなの早くしまいなさいよ!!」
凛「ハイハイ、わかったよ~」

 

 

114 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 21:33:57.96 ID:tFBBZvlK.net

素直じゃないけど、次第にヤケクソになる真姫ちゃんすこ

 

 

115 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 21:34:03.67 ID:Icw8kpRD.net

.
凛「じゃあ次は、女の子のお泊まり会らしいこと話そうよ!」

花陽「お泊まり会らしいこと……?」
真姫「さっきから一人ではしゃいでおいて、何言ってるのよ……」
凛「ごめんにゃー、でも、さっきのマンガの女の子たちもやってたから気になったの!」

 

凛「ねえ真姫ちゃんかよちん、凛たちってすっごく仲良しだよね!」

花陽「えっ!? うん……///」
真姫「い、いきなりね///」

凛「じゃあさ、なんというか、その……」

 

凛「す、好きな人、教え合おうよ……///」ボソッ

 

 

116 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 21:40:36.46 ID:Icw8kpRD.net

.
まきぱな「…………」

 

まきぱな「!?」

真姫「ヴエェ!? い、いやよ! !」

真姫「なんで凛なんかに教えなくちゃ……!」
凛「あ、その言い方じゃ、いるんだね真姫ちゃん……///」
真姫「なっ!? い、いまのは、言葉のあやというか!!」

真姫「……んもーーー!!!」ジタバタ

花陽「ひゃわわ……///」

凛「大丈夫だよ、その……凛も、い、いるから……///」
花陽「み、みんないるんだ……」

 

 

117 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 21:42:46.87 ID:Icw8kpRD.net

.
凛「かよちんは、いないの?」
花陽「え、その……うーん……」

真姫「こ答えに詰まるっててこコトハ、いるのよ!いる! はい決まり!」

花陽「ええ!? そ、そんなあ!」
凛「真姫ちゃん焦りすぎだにゃ~」

 

花陽(すきなひとスキナヒト好きな人……!?!?)
花陽(好きなお米ならいっぱいあるのに!)
花陽(どうしよう……ダレカタスケテー!)

 

 

118 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 21:54:41.72 ID:Icw8kpRD.net

.
凛「で、誰から言おうか……///」

真姫「わ、私からなんて嫌よ!? あんたたちが裏切るかもしれないし! ダメヨダメヨ……」

凛「じゃあ、かよちん?」
花陽「えっ!? なんで……」
花陽(もう打ち明ける流れになってる……!!)

真姫「言い出しっぺなんだから、普通は凛からでしょ!?」
凛「ぐぬう、それじゃつまらないにゃ……」

 

凛「あっ! じゃあ、こうしようよ!」

凛「みんなそれぞれ、好きな人を紙に書いて、箱の中で混ぜてから見るの!」
凛「そうしたら、誰が書いたかわからないにゃ?」

真姫「……ふうん。まあまあ面白そうじゃない……」

凛「よーし決まりっ! さあ、各自紙とペンを用意して!」

 

 

119 :名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 21:57:06.06 ID:qW3T96+f.net

全員百合で好きな人言い合いっことか・・・最高だな!

 

 

120 :名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 21:58:10.01 ID:2/ua9TgD.net

百合承認 ガウガウ

 

 

121 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 22:02:03.91 ID:Icw8kpRD.net

.
花陽(うう……結局書くハメになっちゃったよ……)

花陽(わたし、好きな人っているのかな……)

花陽(お姉ちゃんのような海未ちゃん……キスしちゃったことりちゃん……)
花陽(その二人に限らず、周囲の人々……特にμ’sのみんなは大好き!)

花陽(でも、そのなかで特に好きな人がいるとしたら……)

花陽(やっぱり、わたしの……答えは……?)

花陽(…………)

 

>>123
1.きちんと書く(名前も込みで)
2.どうせ誰が書いたかわからないので自分の名前を書く
3.どうしようもなく「お米」と書く

 

 

122 :名無しで叶える物語(ぎょうざ)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 22:03:24.23 ID:dnQrIaaL.net

ksk

 

 

123 :名無しで叶える物語(わんこそば)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 22:03:26.48 ID:UIb223H2.net

2

 

 

125 :名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 22:04:15.66 ID:qW3T96+f.net

ムッこれ全員花陽って書いてたらかよちんも自分の名前書いてたってバレるね!

 

 

127 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 22:15:41.33 ID:KIHXtyTw.net

>>125
ズルしたかよちんには2人からお仕置きがあるんですねわかります

 

 

128 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 22:15:53.80 ID:2Ifrn9wx.net

.
花陽(やっぱり私には好きとかよくわかりません……!!)
花陽(まあ、どうせ誰が書いたかわからないんだし、自分の名前書いちゃおっと!)

 

 

凛(凛だって女の子だもん……好きな人くらいいるにゃ……///)

凛(まあ、好きな人も女の子なんだけど……)
凛(そんなの関係ないよね! いつか想いが叶う日を信じて)
凛(好きな人の名前を、しっかりと記すにゃ)

凛(>>129……っと)カキカキ

 

 

129 :名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 22:16:43.13 ID:OVQmiK4a.net

にこ

 

 

131 :名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 22:17:35.80 ID:qW3T96+f.net

凛ちゃん・・・なんで・・・

 

 

132 :名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 22:19:58.17 ID:O5iLJLJp.net

唐突なレアカプ

 

 

133 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 22:26:53.61 ID:2Ifrn9wx.net

.
凛(にこちゃん……っと)カキカキ

凛(くーっ、恥ずかしくなってきたにゃ~!!///)

凛「はいっ!! もう凛は書けたよ!!!」バンッ
花陽「は、花陽も……書けました……」

真姫「えっ!? ちょ、待ってよ……」スーッ スーッ

凛「そんなに筆跡変えようとしなくてもいいにゃ~、逆にバレそうじゃない?」
真姫「う、うるさいわね! はい書けたわよ!!」

真姫(好きな人……ちゃんと書いてやったわ! >>135って!)

 

 

134 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 22:27:03.39 ID:XXeZrwWG.net

 

 

135 :名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 22:27:20.24 ID:y1CIm27q.net

りん

 

 

137 :名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 22:30:31.92 ID:qW3T96+f.net

うわァなんか辻褄があっちゃったぞ

 

 

138 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 22:30:46.43 ID:HCujIKqd.net

これすごい勘違いが生まれるんじゃ…

 

 

139 :名無しで叶える物語(聖火リレー)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 22:39:57.22 ID:Dqhv8XYJ.net

俺らの中ではマイナーメジャーあるけど当事者間では色々と違うんだろ!きっと…

 

 

141 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 22:48:05.02 ID:rdxaQV+S.net

やべえおもしれえww

 

 

142 :名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 22:56:50.57 ID:s3bcEjFX.net

自分の名前書いた花陽だけは勘違いしないな
流石かよちん狡い

 

 

143 :名無しで叶える物語(聖火リレー)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 22:58:34.27 ID:Dqhv8XYJ.net

まきりんぱなそれぞれの立場からしたら、
自分の書いた名前だけは分かる、ってのと自分自身の名前は書かないだろう、って予想があって、ある程度は誰が書いたか読めるから相当カオスになるなww >>1ガンバ

 

 

144 :名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 22:58:50.12 ID:qW3T96+f.net

かよちんだけが他二人の書いた人を知ることが出来るんだな
いや待てよ凛が自分の名前を書いたという疑念にも囚われる羽目になるわけだな自分がやってるだけに

 

 

146 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 23:06:23.16 ID:XXeZrwWG.net

俺らが今のやり取り見ないで
花陽 にこ 凛
の文字だけ見たら絶対勘違いする
本人らは自分の知ってるからある程度察せるけど

 

 

147 :名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 23:08:51.90 ID:DJ0ULqHo.net

笑過ぎて腹痛ぇ

 

 

148 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 23:36:41.32 ID:2Ifrn9wx.net

.
真姫(凛って……ちゃんと書いてやったわよ!)
真姫(目の前に本人がいるのに堂々と言えるわけないでしょ……///)

 

凛「えへへ、青春って感じがしていいね……///」

凛「よーし、じゃあ御開帳だにゃ~♪」
バサッ

 

『星空凛』 『矢澤にこ』 『小泉花陽』

 

まきりんぱな「…………」

 

まきりんぱな「……えええ!?!?」ズザザザ

 

 

149 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 23:37:18.53 ID:KIHXtyTw.net

久しぶりに優秀な安価を見た

 

 

150 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 23:41:01.52 ID:2Ifrn9wx.net

.
凛(えっと、ええっと……よーく考えるにゃ……)

凛(凛は『にこ』って書いたから……)

凛(『花陽』って書いたのは真姫ちゃんということになるにゃ)

凛(つまり、『凛』の名前を書いたのは……かよちんで……?)

凛(どうしよう! 近々、幼馴染をフることになりそうだにゃ!!!)

凛(でも、かよちんには、『花陽』の名前を書いたのは凛か真姫ちゃんか、わからないだろうし……)

凛(……つまり、かよちんは今、凛が『花陽』って書いたことを切に願ってて……)

凛(でも実際違うから、きっと真姫ちゃんもかよちんにフられることになって……)

凛(すぐ、やばい空気になりそうだにゃ……)ダラダラ

 

 

151 :名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 23:42:39.39 ID:n5rphV2Q.net

これは興味深い

 

 

152 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 23:43:30.71 ID:2Ifrn9wx.net

.
真姫(……私は、『凛』って書いたから……)
真姫(『花陽』って書いたのは、凛、よね……)

真姫(……私、告白する前からフラれてるじゃないの!?)ガーン

 

真姫(もし、『凛』って書いたのが花陽だと、凛が勘違いしたら……)
真姫(すぐにでもカップル成立、なのに……)
真姫(凛がすぐに花陽に詰め寄らないのは、私が『凛』、花陽が『にこ』って書いた可能性を考え、フられるのが怖いからで……)

真姫(実際そうってことなのよね……噫無情……)

 

真姫(それにしても花陽……いつにこちゃんを好きになったんだろう……)

 

 

153 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 23:47:52.18 ID:2Ifrn9wx.net

.
花陽(これは……どっちなんだろう……?)

 

花陽(私は『小泉花陽』を書いちゃったわけだから……)

花陽(真姫ちゃんが『凛』って書いて、凛ちゃんが『にこ』って書いたと考えるのが自然だよね)

 

花陽(でも、万が一、さっきまでの凛ちゃんの好きな人いるアピールが演技で……)
花陽(面白半分で私と真姫ちゃんの好きな人を調べようとしてたなら……)
花陽(凛ちゃんが『凛』と書いた可能性もあって……?)

花陽(そうしたら別に、真姫ちゃんが『にこ』って書いただけ)

 

花陽(じゃあ今、この沈黙で、それぞれの場合について)
花陽(凛ちゃんと真姫ちゃんがどう考えてるのか推測すると……)

 

花陽(……あれ? 頭の中ぐちゃぐちゃだよ……)

 

 

154 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 23:53:11.21 ID:2Ifrn9wx.net

.
まきりんぱな「…………」

 

凛「と、トランプでも、する……?」

花陽「わ、わーい、賛成です~……」

真姫「わたし、ババ抜きはペアを作るからいやだな~……」

 

 

花陽(こうして夜は更けていきました……)

花陽(でも、このままでは、すごくモヤモヤしたままなので……)
花陽(明日、タイミングを見計らって、この勇気が出るオニギリを)
花陽(二人にごちそうして、確かめたいと思います!)

 

 

156 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/01/27(火) 23:57:39.21 ID:2Ifrn9wx.net

ssって頭使いますねえ
明日から少々忙しいです、おやすみなさい……

 

 

158 :名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/:2015/01/28(水) 00:06:55.95 ID:AH6QgOFf.net

グンナイ☆

 

 

161 :名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/:2015/01/28(水) 01:56:59.95 ID:z6g5df/C.net

安価優秀過ぎでしょいいぞもっとやれ

 

 

162 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/:2015/01/28(水) 02:10:52.85 ID:smdgIPWM.net

りんまきかよ…

 

 

163 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/:2015/01/28(水) 02:46:54.00 ID:tNu3oNaD.net

なんか思考パズルみたいな展開なってたワロタおつ

 

 

166 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/:2015/01/28(水) 19:40:02.20 ID:1PmL8ePw.net

盛り上がってまいりました

 

 

170 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/01/29(木) 11:50:55.91 ID:jcMTr4be.net

.
―――翌日、朝―――

 

真姫「う~ん……」

凛「ん……むにゃ?」パチ
凛(なんだか布団が狭くて暖かいにゃ……)

 

真姫「りん……りん~……」スヤスヤ

凛「…………」

凛「!?」ガバッ

凛(な、なんで真姫ちゃんが凛の布団で寝てるの!?)

 

 

171 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/01/29(木) 11:54:56.03 ID:jcMTr4be.net

.
真姫「…………ん~?」ムクリ

 

りんまき「…………」ジー

 

 

真姫「ヴエェ!?」
凛「それはこっちの反応だにゃ!」

 

真姫「どうして私は自分のベッドじゃなくて凛の布団にいるのよ!?」
凛「だーから、それは凛がききたいの!」

凛「どうせ真姫ちゃんが寝ぼけて入って来たんでしょ?」
真姫「なっ! 私は寝ぼけるなんてことないわよ!!」
凛「そうとしか考えられないじゃん! 今だって寝言聞いたもん!」

凛「『りん……りん~……』って! 凛の夢でも見てたんじゃない?」
真姫「ええ!? そ、そんな……///」

 

 

172 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/01/29(木) 12:02:46.14 ID:jcMTr4be.net

.
凛「んもー、仕方のない甘えん坊さんだにゃ~」ニヤニヤ
真姫「あうう///」

真姫(確かに、凛の夢を見てた……気がする)

真姫(寝ぼけて好きな人の布団に入るなんて、私なにやってるの……)カアァ

 

真姫「ご、ごめん、なさい……」

凛「え、いや、そこまで怒ってるわけじゃないにゃ……」
凛(真姫ちゃんがこんなにしおらしく謝るなんて珍しいね)

 

 

花陽「…………///」
花陽(早起きしたら、入るとこ見ちゃったよ!)
花陽(このまま寝たふりしておこ~っと……)

 

 

173 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/01/29(木) 12:07:41.09 ID:jcMTr4be.net

.
凛「えっと、かよちんは……まだ寝てるみたいだにゃ」
真姫「起こさないであげましょ」
凛「そうだね……」

 

凛「でも真姫ちゃん、かよちんの布団には潜り込まなくていいの?」
凛「本当はかよちんの夢を見たかったくせに~♪」
真姫「……まったく、イジワルね……それは凛の方でしょ?」

凛「はにゃ?」

真姫「へっ?」

 

花陽(ヤバイ、なんか変な流れになってる……!)
花陽(そっか、この二人は互いに相手が私の名前を書いたと思ってて……)

 

 

174 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/01/29(木) 12:10:39.08 ID:jcMTr4be.net

.
花陽「う、うーん!!」

花陽「おはよう二人とも!! よく寝たねー!」
凛「あっ、かよちん! 起こしちゃったにゃ~」
真姫「ほら、凛がうるさくするから!」

花陽「ううん、自然に起きたよ! ダイジョブダイジョブ~!」アセアセ
真姫「……なんか花陽、朝からテンション高いわね……」

 

凛「よーし、じゃあみんな起きたことだし、着替えてどこかに遊びに行こうよ!」
真姫「そそっかしいわね……休みの日の朝くらいゆっくりしましょうよ」

花陽(早く起きてたからまた眠くなってきた……)フワーア

真姫「だいたい、どこに行くのよ?」

凛「うーん……>>175とかどうかにゃ~」

 

 

175 :名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/:2015/01/29(木) 12:12:28.68 ID:PV7/hfiT.net

ほむら

 

 

178 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/01/31(土) 00:17:00.71 ID:UtLr8Hln.net

.
凛「穂むらなんてどうかにゃ?」

真姫「穂むらって……穂乃果の家よね」
凛「うん! 穂乃果ちゃんも一緒に遊ぼうと思って!」
花陽「うん、いいかも!」

真姫「でも、店番とかしてたら誘うの悪いわね……」
凛「それは行ってみればわかるにゃ! さ、早く着替えて着替えて!」グイッ
真姫「やっ、そんな乱暴な……/// 脱がさないでっ……///」

 

 

180 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/01/31(土) 00:17:57.92 ID:UtLr8Hln.net

.
―――穂むら―――

 

凛「お邪魔しますにゃー」ガラガラ

雪穂「いらっしゃいまっ……あ!こんにちは」

花陽「こんにちは、雪穂ちゃん♪」

真姫「えっと、穂乃果はいるかしら?」
雪穂「お姉ちゃんなら、まだ寝てると思います!」
真姫「なるほどね……それが一番穂乃果らしいわね」

雪穂「どうぞ上がってたたき起こしてください!」

 

 

181 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/01/31(土) 00:20:42.55 ID:UtLr8Hln.net

.
穂乃果「ぐ~……スピ~……」
穂乃果「ふにゃ~……」スヤスヤ

 

花陽「すごく幸せそうな顔して寝てるね……」

穂乃果「ん~……」ゴロゴロ

真姫「勝手に押しかけてきて、起こすのも可哀想じゃない?」
凛「え~でも雪穂ちゃんが良いって言ってたよ?」

凛「真姫ちゃんお得意の、布団潜り込みの術でも仕掛ければどうかにゃ?」
真姫「なっ……///」

 

凛「じゃあとりあえず、マンガでも読ませてもらって待ってようか」ドサッ
真姫「相変わらずずうずうしいわね……」

真姫(なんでこの人を好きになったんだろう……)

 

 

182 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/01/31(土) 00:23:21.92 ID:UtLr8Hln.net

.
凛「あ、一応こっちの棚も見ておこうかな」

花陽「え、凛ちゃん、そっちは教科書とか並んでる棚だよ?」
花陽「2年生の参考書見ても面白くないんじゃ……」

凛「参考書なんて何年生のを見ても面白くないにゃ~」ガサゴソ

真姫「じゃあなにしてるの?」

凛「えっとね、無いかな~って思って」
真姫「何が?」

 

凛「百合姫!!」ニヤッ

 

真姫「あがっ……///」
花陽「クスッ」

真姫「もう!! さっきから凛は私をからかいすぎよ!!!!」バン

花陽「ああっ、そんなに大きな声出したら……」

 

 

183 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/01/31(土) 00:25:16.95 ID:UtLr8Hln.net

.
穂乃果「……あれ?」パチ

花陽「ほ、ほら……」

穂乃果「うーん……」グイー

穂乃果「みんなおはよう! 穂乃果の部屋に遊びに来てくれたの?」
凛「うん! 昨日真姫ちゃんちに泊まっててそのまま来たの!」

凛「穂乃果ちゃん、今日ヒマ?」
穂乃果「うん、今日は店番も雪穂の担当だし、大丈夫だよ!」
凛「やったー! みんなで遊ぶにゃー!!」

穂乃果「ちょっと待ってて、顔洗って着替えて来るね!」タッタッタッ

 

 

184 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/01/31(土) 00:33:36.26 ID:UtLr8Hln.net

.
穂乃果「お待たせ! とりあえず、ほむまんとアイスティー持ってきたよ」
花陽「わあ、ありがとう!」

穂乃果「最近、お父さんが新しい味のおまんじゅうを研究してるの」
穂乃果「おまんじゅうと言えば和風繋がりで緑茶、みたいな考えが強いけど」
穂乃果「アイスティーとかジャスミンティーとか、そういう飲み物にも合うおまんじゅうはどうかなって」

穂乃果「だから、何個か検討中の新商品持ってきたから……よかったら食べてみてもらえる?」
凛「うん! 美味しそうだにゃ!」

まきりんぱな「いただきまーす」

 

花陽(そのあと、私たちはおしゃべりに花を咲かせました)
花陽(おまんじゅう、とても美味しかったです!)

 

 

185 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/01/31(土) 00:45:01.28 ID:UtLr8Hln.net

.
凛「そういえば、穂乃果ちゃんって好きな人いるの?」

穂乃果「え、ええ!? どうしたのいきなり……///」

凛「昨日、3人でそれについて話したんだにゃ」
凛「女の子のお泊まり会らしいかなって」
穂乃果「そうなんだ……/// み、みんなはいるの?」

真姫「ん、まあ……///」
花陽(いまさらいないとは言い出せない……)コクン

 

穂乃果「じゃあ……えっとね、その……」

穂乃果「い、いるってことだけ、教えてあげる///」

 

 

186 :名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/:2015/01/31(土) 00:48:04.06 ID:9C12St2F.net

ガタッ

 

 

187 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/01/31(土) 00:51:10.95 ID:UtLr8Hln.net

.
凛「なるほど、誰かはまだ内緒ってことかあ」
穂乃果「うん……うまく行ったら教えてあげるよ!」

穂乃果「実は、勇気が出なくて……なかなかその人に好きって言い出せないの」
真姫「へえ、穂乃果でも、そういうことあるのね……」
穂乃果「そりゃあるよ!」

穂乃果「私、天然で、いつも自分の気持ちに素直で、すぐ行動に移しちゃうように思われてるけど……」
穂乃果「やっぱり、この手の話になると……別だよね///」

凛「穂乃果ちゃんも女の子だね♪」
穂乃果「あはは……照れくさいなあ」

 

 

188 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/01/31(土) 00:55:17.94 ID:UtLr8Hln.net

.
穂乃果「さってとー、もう昼すぎだね」

凛「そういえば、凛たちは朝ごはん食べて来たけど……」
凛「穂乃果ちゃん、起きてから少しのおまんじゅうだけしか食べてないけど大丈夫?」
穂乃果「うーん、やっぱりちょっとおなか減ったかな……」

穂乃果「花陽ちゃん、オニギリとか持ってない!?」

花陽「ええ!?」

凛「あはは、いくらかよちんでも、そんないつもオニギリ持ってないにゃ~」
穂乃果「だよね~」

 

花陽「えへへ、そうだよ、持って…………」

花陽「……る、んだった……」

 

 

189 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/01/31(土) 00:57:37.47 ID:UtLr8Hln.net

.
穂乃果「えっ!?」
凛「にゃ!?」

 

花陽「……」ヒョイ ヒョイ ヒョイ ヒョイ

ほのりんまき「」

 

真姫「しかも、人数分あるのね……」
真姫(昨日から持ってたのかしら?)

穂乃果「冗談のつもりで言ったのに……」
凛「と、とりあえず凛はまだそんなにおなか空いてないからいいにゃ」
真姫「私もいいわ。ほむまん食べたしね」クルクル

穂乃果「じゃあ、穂乃果がひとつもらってもいいかな!?」

穂乃果「花陽ちゃんがつくったオニギリ、美味しいに決まってるよ!」

 

 

190 :名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/:2015/01/31(土) 01:00:20.96 ID:698eveg1.net

いいですわよ

 

 

191 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/01/31(土) 01:03:17.45 ID:UtLr8Hln.net

.
花陽「え、あ、うん……」

花陽(本当はわたしが作ったんじゃないんだけど……)
花陽(まあ、美味しいからいいか!)

穂乃果「おっきいね、穂乃果の手のひらよりあるかも」

花陽「……それはね、ただ美味しいだけじゃなくて、勇気が出る魔法のオニギリなの」
穂乃果「えっ?」

花陽「そんな魔法がかけられてるんだよ♪」

 

真姫「なんか、希みたいなことを言うわね……」
凛「かよちんがそんなこと言い出すなんて珍しいにゃー!」

 

 

192 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/01/31(土) 01:06:04.13 ID:UtLr8Hln.net

.
穂乃果「あはは、そっか、それはすごいオニギリだね」
花陽「だから……その、好きな人のことを思いながら食べるといいと思うよ!」
花陽「勇気を持って、相手に接することが……できるだろうから」

穂乃果「さっきの話を踏まえてくれたの? 優しいね花陽ちゃん」
花陽「えへへ……」

穂乃果「じゃあ、ありがたく……いただきます!」

 

パクッ

 

穂乃果「……」モグモグ

穂乃果「うん! さすが美味しいね!」
凛「やっぱりかよちんはお米の神様だにゃー!」

 

穂乃果(好きな人を考えて……か)モグモグ

 

 

194 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/01/31(土) 01:11:53.03 ID:UtLr8Hln.net

.
穂乃果(…………)モグ…

穂乃果(……!)ゴクン
穂乃果「んん……!?」

凛「? どうしたの穂乃果ちゃん?」
花陽「……」

 

穂乃果(な、なんだろうこの感じ!?)
穂乃果(好きな人のことを考えてって言われたから)

穂乃果(>>196ちゃんのことを思い浮かべてたら……)

穂乃果(>>196ちゃんに(を)、>>198したくてたまらなくなってきたよ……!)カアァ

 

 

196 :名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/:2015/01/31(土) 01:12:15.79 ID:4e0+TDRE.net

ksk

 

 

197 :名無しで叶える物語(英雄都市アレックス)@\(^o^)/:2015/01/31(土) 01:12:29.17 ID:Ss0kZqzo.net

花陽

 

 

198 :名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/:2015/01/31(土) 01:12:31.74 ID:ZENWuze6.net

のぞみ「

 

 

199 :名無しで叶える物語(わんこそば)@\(^o^)/:2015/01/31(土) 01:12:57.72 ID:GUm+Llzt.net

矢澤こころちゃん

 

 

200 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/:2015/01/31(土) 01:13:57.98 ID:CWh8qzid.net

わたしだけのもの

 

 

201 :名無しで叶える物語(地図に無い島)@\(^o^)/:2015/01/31(土) 01:14:11.04 ID:IxiiGrDP.net

一緒にお風呂

 

 

202 :名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/:2015/01/31(土) 01:14:20.99 ID:P+0eMKdi.net

ぷろぽーず

 

 

203 :名無しで叶える物語(馬刺し)@\(^o^)/:2015/01/31(土) 01:14:43.62 ID:ruhm9mEg.net

これはどうなるんだ

 

 

204 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/01/31(土) 01:17:15.91 ID:UtLr8Hln.net

あわわ どうしましょう……

じゃあ上に出てるやつでもいいんで 直下で

 

 

205 :名無しで叶える物語(地図に無い島)@\(^o^)/:2015/01/31(土) 01:18:23.22 ID:IxiiGrDP.net

かよちんと一緒にお風呂

 

 

206 :名無しで叶える物語(英雄都市アレックス)@\(^o^)/:2015/01/31(土) 01:24:49.10 ID:Ss0kZqzo.net

ハラショー

 

 

211 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/02/02(月) 22:20:46.21 ID:nSOvZOnu.net

.
穂乃果(花陽ちゃんと、一緒にお風呂に入りたくてたまらなくなってきたよ……!)カアァ

 

花陽(さあ、あのオニギリを食べた穂乃果ちゃんは……)
花陽(どんな行動に移るのかな?)

 

穂乃果「……ありがとう花陽ちゃん。さっき言ってた魔法、私にも効いたみたい」
穂乃果「もう、抑えきれそうにないや」

凛「おおっ、ついにリーダー穂乃果ちゃんの好きな人がわかるにゃ!」

真姫「なんなのこの人たち……」

 

 

212 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/02/02(月) 22:22:50.34 ID:nSOvZOnu.net

.
花陽「なら、これからその好きな人の所に向かうのかな」
穂乃果「ううん、その必要はないよ」
花陽「え? じゃあ何をしたいって……」

穂乃果「花陽ちゃん」

花陽「?」

 

穂乃果「……今夜はさ、うちに、泊まっていかない?」

穂乃果「できれば……二人がいいな」

 

花陽「…………」

 

花陽「ピャア!?」

 

 

215 :名無しで叶える物語(最果ての大灯台)@\(^o^)/:2015/02/02(月) 22:30:07.20 ID:gu2epCOy.net

ほのぱなァァァァァ!

 

 

216 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/02/02(月) 22:30:41.16 ID:nSOvZOnu.net

.
―――夕方―――

 

花陽「ええっと、じゃあ、支度を持って来てから、また来ます……///」
穂乃果「うん、待ってるよ~」ニコッ

 

 

真姫「……驚いたわね、穂乃果が花陽のこと好きなんて」
凛「うん、凛も海未ちゃんかことりちゃんだろうと思ってたにゃー」

花陽「はうう……///」

真姫「……でも、どうするの? 事実上、告白されたわけだけど」
真姫「花陽、好きな人……いるんでしょ」

真姫(昨日のゲームからして、にこちゃんのことが好きなのよね)

 

 

219 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/:2015/02/02(月) 22:33:12.11 ID:RdBQYJYW.net

泊りに誘うって事はつまり

 

 

220 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/02/02(月) 22:34:23.55 ID:nSOvZOnu.net

.
凛「……あ、ああ……ええっと、かよちんのしたいようにすればいいと思うにゃ」

凛(昨日のゲームからして、かよちんは凛のことを想っててくれて……///)
凛(でも、凛はにこちゃんが好きで……凛にフられる前に、穂乃果ちゃんと幸せになれるなら、そのほうが良いよね)

花陽「……え、好きな人?」
真姫「ええ。昨日しっかり書いてたじゃない」
花陽「わたし、そんな人……」

 

花陽「…………」

花陽(……やばっ)

 

花陽「あは、は……どうしよう」

凛「どうしたのかよちん? ぎこちない笑い方だにゃ」

 

 

221 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/02/02(月) 22:40:18.31 ID:nSOvZOnu.net

.
真姫「自分が好きな人と、自分を好いてくれている人、その間で悩んでるんでしょ」
真姫「どちらにどう接していけばいいかって」
真姫(しかも、どっちも先輩となるとなおさらよね……凛も黙ってないだろうし……)

 

凛「……な、なるほど……///」

凛「り、凛は、今までのような仲良しの関係でいられるのが一番だとおもうにゃ~!」

真姫「そういうわけにもいかないでしょ。好きな人と、友達以上の関係になりたいって気持ちは、どうしても消せないものだと思うわ」

凛「おっ、真姫ちゃん、まるで恋愛マスターだね!」
真姫「う、うるさいわね/// 漫画に書いてあったの!!!」
凛「百合姫?」
真姫「いちいち聞かないデッ!!」

 

 

222 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/02/02(月) 22:48:57.08 ID:nSOvZOnu.net

.
花陽(どうしよう、二人ともすごい誤解してる……)
花陽(いっそここで打ち明けちゃうしかないかな?)

花陽「……あのね、凛ちゃん真姫ちゃん」
真姫「ん?」

花陽「実は…………はっ!?」
凛「にゃ?」

 

花陽(待てよ、ここでそれをバラシちゃうと、つまり……全員が誰を書いたか断定できるようになる)

花陽(凛ちゃんが自分の名前を書いてなければ、真姫ちゃんが『凛』って書いたわけで、それもすぐにわかっちゃう)

花陽(今ここで、私がトリガーをひくのは良くない!!)

 

 

223 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/:2015/02/02(月) 22:49:10.95 ID:YW1TdjkU.net

かよちんマジ罪深い

 

 

224 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/02/02(月) 22:51:17.57 ID:nSOvZOnu.net

.
花陽「え、と、とりあえず、この勇気が出るオニギリを2人にあげる」ヒョイ ヒョイ
凛「あ、ありがとにゃ」

花陽「効果は保証する。心のリミッターを外して、自分を動かしたいときに食べてね」

真姫「はあ? まるで少年漫画ね」
凛「でも、さっきの穂乃果ちゃんを見る限り、本当かもよ?」
真姫「ふうん、まあ気の持ちようよね」

 

花陽「じゃ、私はこれで!! 急ごうと思いますので!!!」

ビューン

 

 

225 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/02/02(月) 22:58:17.44 ID:nSOvZOnu.net

.
凛「……行っちゃったにゃ」
真姫「随分焦ってるように見えたけど……穂乃果とのお泊り、そんなに楽しみなのかしら」

真姫「穂乃果も、『花陽ちゃんと二人が良い』とか言って、かなり惚れてるみたいね」
凛「うーん、かよちんの気持ちはどっちに向くんだろう」

 

真姫「ていうか、凛、良かったの?」

凛「にゃ?」

真姫「無理やりにでも、3人でのお泊りを希望するかと思ったのに、意外とクールね」

凛「凛が? 凛こそわざわざそう望まないと思うにゃ」

凛「むしろ、かよちんが凛と一緒が良いって言い出したらどうしようかと思ったし」
凛「真姫ちゃんが、かよちんと一緒が良いって言い出したら凛はスッと身を引くつもりだったよ」

 

 

226 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/02/02(月) 23:04:56.44 ID:nSOvZOnu.net

.
真姫「なんで私や花陽が? 花陽のことが好きな凛が、穂乃果を邪魔するべきじゃないの?」
凛「えっ!? 凛がかよちんを……って、逆でしょ?」

真姫「逆? 花陽が凛を……ってこと? それこそ違うわよ」

 

凛「それに、かよちんのこと好きなのは真姫ちゃんでしょ」
凛「昨日のゲーム、凛はかよちんって書いてないよ」

真姫「えっ、ちょっと待ってよ、何をいまさら恥ずかしがってるのよ」

真姫「わかってるはずだけど、花陽って書いたのは私じゃないわよ!?」
凛「にゃ!? そんなわけないにゃ、本当に凛でもないよ!」
真姫「じゃあ誰が花陽って書いた紙を……」

 

りんまき「…………」

 

真姫「まさか……」
凛「……ありえ、なくは、ない……にゃ」

 

 

227 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/:2015/02/02(月) 23:07:23.92 ID:RdBQYJYW.net

ばれたか

 

 

228 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/02/02(月) 23:11:32.66 ID:nSOvZOnu.net

.
真姫「あのとき、花陽は好きな人がいるって言ってなかった……」
凛「真姫ちゃんが無理やり押し切ったからね」
真姫「うっ……そうしたら、誰を書こうか悩んだ花陽は……」
凛「仕方なく、自分の名前を書いた……と」

 

真姫「筋の通った話ね」
凛「凛も真姫ちゃんも、本当に二人ともかよちんって書いてないなら、そうなるにゃ」
真姫「何度も言うけど、私は書いてないわよ」
凛「……じゃあ、そういうことになりそうだにゃ」

 

真姫「はあ、まったく、自分の名前を書くなんて……素直に言ってくれればいいのに」
凛「その状況を作り出したのは真姫ちゃんだってば」

 

 

229 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/02/02(月) 23:13:26.68 ID:nSOvZOnu.net

.
真姫「悪かったわよ、そのせいで、お互い勘違いをしていたみたいね」
凛「そうだねー、自分の名前を書くなんて想像もできないもんね」
真姫「まったくよ! もう……」

 

凛「ええっと、じゃあ、もう一度考え直すと……」

 

りんまき「…………」

 

 

凛「……え?///」チラッ

真姫「……あ、ああああっ……///」

 

 

232 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/02/02(月) 23:24:17.33 ID:nSOvZOnu.net

.
―――夜、穂むら―――

 

花陽「お、おじゃまします……」

穂乃果「はーい♪ 待ってたよ花陽ちゃん!」

 

ほのママ「あら、この子が花陽ちゃん? こんばんは」ニコッ
雪穂「こんばんは!」
花陽「あっ、どうも……」

ほのママ「ごめんね、まだご飯全然できてないの。穂乃果と遊んでてもらえる?」
花陽「はっ、はい! お構いなく……」

 

穂乃果「花陽ちゃーん! はやく部屋に行こうよー!!」

雪穂(今日は海未さんやことりさんじゃないんだ、珍しいなあ……)
雪穂(お姉ちゃん、さっきまで変にソワソワしてたけど、今はすごく嬉しそうかも?)

 

 

233 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/:2015/02/02(月) 23:29:09.00 ID:l0LFRe5R.net

あ~^

 

 

234 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/02/02(月) 23:31:30.90 ID:nSOvZOnu.net

.
穂乃果「おうちの人、何か言ってなかった? 2日連続で外泊するなんて……って」
花陽「ううん、大丈夫、実は意外と放任主義だから……」
穂乃果「そうなんだね! 穂乃果の印象が悪くなっちゃうんじゃないかって心配だったけど、それ聞いて安心したよ~」

 

穂乃果「ところで、改めて、さっきのオニギリすごく美味しかったよ。ありがとう」
花陽「ううん、オニギリひとつくらい、そんなに感謝されるものじゃないよう」

花陽(もう、本当は希ちゃんからもらったなんて言えない……)

 

花陽「それより、本当に夕飯もいただいちゃっていいのかな?」
穂乃果「いいのいいの! 穂乃果が花陽ちゃんと一緒に食べたいんだもん」

 

 

235 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/02/02(月) 23:35:52.75 ID:nSOvZOnu.net

.
穂乃果「で、そのごはんまで、まだ時間がかかるみたいだから、提案なんだけど……」
穂乃果「ご飯の前に、その……お風呂に入っちゃおうか!」

花陽「いまからお風呂?」

穂乃果「う、うん! うちではね、ご飯の前にお風呂に入ることもあるんだ」

穂乃果「だから、そうしようと思うんだけど……どうかな?」
花陽「うん、いいと思うよ!」

穂乃果「よし! じゃあ行こっか♪」

花陽「……え、いこっかって……」
穂乃果「何言ってるの、お風呂場でしょ?」

 

 

236 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/02/02(月) 23:37:02.89 ID:nSOvZOnu.net

.
花陽「えええ!? もしかして、一緒に入るのォ!?!?」
穂乃果「うん! 一緒に入りたい!!」

花陽「そ、それは……/// ちょっと恥ずかしいかなって……思ったり……///」

穂乃果「大丈夫、女の子同士だもん! 洗いっこしようよー!!」グイグイ
穂乃果「昔は海未ちゃんやことりちゃんと入ったことあるもん!」
花陽「昔の話じゃん!?」

穂乃果「合宿の時だってみんなで入ったじゃん! そんなノリで行けばいいよ!」グイグイ

花陽「ああ、ちょっと待って……ダレカタスケテー!!」

 

 

237 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/02/02(月) 23:46:10.23 ID:nSOvZOnu.net

.
―――脱衣所―――

花陽(穂乃果ちゃんの強引さに負けてここまで来ちゃいました……///)
花陽(もしかして、オニギリで解放された穂乃果ちゃんの欲求って、私とお風呂に入ること……?)

穂乃果「よーし!」スッポンポーン

花陽「ぴゃあ!?」

穂乃果「さむーい!! ほーら、早く花陽ちゃんも脱いで!」

花陽「ちょっとまってて~……///」クルッ

花陽「み、見られてると恥ずかしいから、先にシャワーでも浴びてて!」
穂乃果「んも~、恥ずかしがり屋さんだなあ……すぐに来てね~?」ガラガラ

花陽「穂乃果ちゃんが、大胆すぎるよんだよお……」ボソッ

 

 

238 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/02/02(月) 23:48:24.25 ID:nSOvZOnu.net

.
―――お風呂―――

 

穂乃果「……///」ドキドキ

穂乃果「緊張せずに、いつもらしく、いつもらしく……」

穂乃果(私だって恥ずかしいよ、好きな人の目の前で服を脱ぐって)
穂乃果(だからいっそ、このぐらい大胆にやらないと、余計やりづらくなっちゃうもん)

 

ガラガラガラガラ……

穂乃果「!!」

花陽「し、しつれいしま~す……」

 

 

239 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/02/02(月) 23:50:22.74 ID:nSOvZOnu.net

.
穂乃果「……///」

穂乃果(花陽ちゃんの肌、白くて、きれい……)
穂乃果(胸も……タオルで隠してるけど、そのうえからでも大きさがわかるくらい大きい)

穂乃果(…………触ってみたい……///)

 

花陽「ほ、穂乃果ちゃん、そんなにジロジロ見ないで……///」
穂乃果「えっ!? あ、ご、ごめん!!」

穂乃果(しまった、ついうっかり……)

 

穂乃果「じゃあとりあえず、身体洗いっこしようよ!」
花陽「とりあえず、って……/// 十分恥ずかしいよう……」
穂乃果「大丈夫だよ! 背中とか見えないところ中心だから!」

穂乃果(私の理性が保てば、だけど)ニヘラ

 

 

240 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/02/02(月) 23:55:07.68 ID:nSOvZOnu.net

.
穂乃果「ささ、花陽ちゃん、早くあったまりたいでしょ?」
穂乃果「ほらほらそこの椅子に腰かけて! シャワー出すよ」
花陽「う、ん……」

花陽(いま、穂乃果ちゃんが一瞬、怖い笑みを浮かべてたような)

 

穂乃果「どう? シャワーの温度、これくらいでいいかな」シャーッ
花陽「ぴゃっ! ……うん、でももうちょっと高くても大丈夫だよ」
穂乃果「なるほど、少し熱めが好きなんだね! じゃあこれくらいかな」
花陽「そうだね、これが私のいつもの温度って感じかな」

 

穂乃果「よーし、じゃあ頭から洗っていこう!」
花陽「あ、頭くらいは自分で洗えるよ……///」
穂乃果「いいからいいから! じゃあシャンプーつけるね~」

花陽(うう……なんだかんだ押し切られる……)

 

 

241 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/02/02(月) 23:56:32.98 ID:nSOvZOnu.net

.
穂乃果「花陽ちゃん、髪綺麗だね」ワシャワシャ
花陽「え? そんなこと……ないと思うけど……///」

穂乃果「家じゃどんなトリートメント使ってるの?」ゴシゴシ
花陽「わかんない、お母さんのを勝手につけてるだけだし……」

穂乃果「なるほど、じゃあ今度銘柄見て教えて!」
穂乃果「いつもね、花陽ちゃんの近くに行くと、いい香りだなって思ってたの」
花陽「そう、なのかな……/// 月曜日に学校で教えるね」

穂乃果「うん! よろしくね~」

 

穂乃果「よし、こんな感じかな? まず頭だけで流すね」シャー
花陽「あ、ありがとう……///」

 

 

242 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/02/02(月) 23:59:40.27 ID:nSOvZOnu.net

.
穂乃果(…………)

穂乃果(あんなに触れたいと思っていた花陽ちゃんの身体が、こんなに近くに……)

穂乃果(肌、スベスベだ……)ツー

花陽「うひゃあ!? ほ、穂乃果ちゃん、くすぐったいから、背筋をなぞらないで///」
穂乃果「あっ!? ごめん、つい無意識に……すごくきれいな肌だから……」

花陽「うう……///」

 

穂乃果(もう一緒にお風呂入るのなんて、次はいつになるかわからない……んだよね)

穂乃果(次は、>>244を洗ってあげよう)

 

 

243 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/:2015/02/03(火) 00:00:40.14 ID:r5eud8n7.net

おっぱい

 

 

244 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/:2015/02/03(火) 00:01:21.33 ID:UNXsXx3i.net

 

 

245 :名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/:2015/02/03(火) 00:12:33.64 ID:WM/hjBb7.net

あなたは最低です!

 

 

246 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/:2015/02/03(火) 00:28:21.70 ID:/BGwsUgA.net

(あなたは最高です!)

 

 

247 :名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/:2015/02/03(火) 00:29:20.52 ID:wU7HVUTK.net

煩悩ダダ漏れ

 

 

248 :名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/:2015/02/03(火) 00:41:15.34 ID:pd1O9oB4.net

おっぱいを洗ってあげよう(冷静)
ワロタ

 

 

249 :名無しで叶える物語(英雄都市アレックス)@\(^o^)/:2015/02/03(火) 05:16:37.63 ID:bJJrTnuP.net

ほのぱな全裸待機

 

 

250 :名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/:2015/02/03(火) 16:01:35.29 ID:4cfkq/i9.net

早くして下さい寒いです

 

 

251 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/:2015/02/04(水) 00:19:18.26 ID:VDb3ysra.net

凍え死にそうです辛いです

 

 

252 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/02/04(水) 00:30:19.62 ID:IUiz7NNK.net

.
穂乃果(次はおっぱいを洗ってあげよう)

穂乃果(おっぱ……いを……)

穂乃果(…………///)

穂乃果(って、冷静に何考えてるんだろ私)

穂乃果(でもでも、こんなチャンス滅多にこないし///)
穂乃果(自然に、自然に……)

 

花陽「あ、あの、穂乃果ちゃん……?」
穂乃果「あ、ごめんね! じゃあ、今度は身体を洗おうか!」
花陽「ほ、ほんとに……身体も、するの?」
穂乃果「うん! 穂乃果に任せてよ!」

 

 

254 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/02/04(水) 00:32:06.42 ID:IUiz7NNK.net

.
穂乃果「じゃあまずボディソープを……」トローリ

穂乃果「背中に……えい♪」ペタッ
花陽「きゃっ!? つ、冷たいよ?」

穂乃果「えへへ、気持ちいいでしょ?」ヌリヌリ
花陽「うん……/// まあ……///」

穂乃果「……」ヌリヌリ

花陽「はっ、んん……」

 

穂乃果(やばい……///)
穂乃果(我慢できないや)

さわさわ

花陽「……え?」

花陽(なんだか、穂乃果ちゃんの手が、だんだん前に来てる気が……)

 

 

255 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/02/04(水) 00:34:26.40 ID:IUiz7NNK.net

.
穂乃果(……///)ハァハァ
穂乃果(いいよね……)

ムニュ

花陽「うひゃっ!?」

穂乃果「あっ、ご、ごめーん、つい手が滑っちゃって?!」
花陽「う、うん……///」

穂乃果(花陽ちゃんのおっぱい……)
穂乃果(やわらか……すぎだよ///)

 

花陽(穂乃果ちゃん、なんか、怖いよう……)

 

穂乃果「花陽ちゃん、やっぱりさあ、せっかくだし、全体を洗ってあげるよ」

 

 

256 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/02/04(水) 00:36:00.93 ID:IUiz7NNK.net

.
花陽「ええっ!? 背中だけって……」
穂乃果「いいから!! じっとしてて!」
花陽「ひっ」

 

穂乃果「……///」ドキドキ

 

モニュ

花陽「や、そ、そこは……」

 

穂乃果「前から思ってたけど……花陽ちゃん、胸大きいよね……」サワサワ
穂乃果「私に少し分けてほしいよ」モミモミ

花陽「やん、ほ、穂乃果ちゃん、前のほうは自分でやるから……///」

 

 

257 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/02/04(水) 00:40:24.03 ID:IUiz7NNK.net

.
穂乃果「何か大きくする秘訣があるの?」モミモミ
花陽「い、いや、別にそんな、ものは……」

 

花陽(これ、洗ってるっていう手つきじゃない……///)
花陽(このまま穂乃果ちゃんのペースに乗せられちゃダメだ! 何か考えなきゃ……)

 

穂乃果「無いの? 教えてよ、けちー!」
花陽「……///」

穂乃果「お米かな? ねえねえ花陽ちゃん?」

花陽「……」

 

穂乃果「……花陽、ちゃん♪」

クリクリ
花陽「ぁんっ!」

花陽(しまった、つい声が……///)

 

 

258 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/02/04(水) 00:46:36.16 ID:IUiz7NNK.net

.
穂乃果「うふふ、どうしたの?」

穂乃果(いい反応するなあ……///)ハァハァ

 

花陽「ほ、穂乃果ちゃん! もう、いい加減に……」

穂乃果「ごめんごめん、えへへ///」

花陽「そ、そんな笑顔でごまかしてもダメですっ!!」

 

穂乃果「ほらほら、もうしないから。前向いて」
花陽「えっ、だから、自分でやるって」

穂乃果「だーめ♪」

穂乃果(じゃあ次は……>>260

 

 

260 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/:2015/02/04(水) 00:47:31.75 ID:rXbkv7ZN.net

おなか

 

 

262 :名無しで叶える物語(長屋)@\(^o^)/:2015/02/04(水) 00:51:35.70 ID:lA1uiyli.net

おなかぁぁぁあぁぁぁ!!
あなたは神です!

 

 

263 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/:2015/02/04(水) 00:52:59.81 ID:DB6kS89I.net

pantu is dead

 

 

264 :名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/:2015/02/04(水) 01:12:52.38 ID:1B8SbJYQ.net

there is no panty

 

 

268 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/:2015/02/04(水) 02:41:57.82 ID:rmsQd6Ey.net

るてしパンツ脱いだしてる

 

 

269 :名無しで叶える物語(英雄都市アレックス)@\(^o^)/:2015/02/04(水) 06:43:14.37 ID:UGidj0bh.net

>>1 is god

 

 

271 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/02/04(水) 18:22:00.92 ID:xbjp9mnv.net

.
穂乃果(じゃあ次は……おなかにしよう)
穂乃果(またたっぷりボディソープつけて……と)トローリ

穂乃果「ほら花陽ちゃん、次はおなかだよ~」

さわさわ

花陽「だ、だから、くすぐったいってえ……」

穂乃果「そうなの? じゃあもうちょっと力入れてもいいのかな」
ふにふに
花陽「あっ、おなかのおにく、つままないで……///」

穂乃果「花陽ちゃん、ぽっちゃりだって気にしてたみたいだけど、全然そんなことないと思うよ?」プニプニ
穂乃果「私よりバスト4cmも大きいのに、ウエスト2cmしか違わないんだもん」
穂乃果「むしろ羨ましいくらいだよ」モミモミ

花陽「んっ、もう、胸をいじっちゃ、だめっ……///」

 

 

272 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/02/04(水) 18:27:41.96 ID:xbjp9mnv.net

.
穂乃果「そうだよね、おなかだったね」

穂乃果「じゃあ、このかわいいおへそも、しっかりきれいにしておかなくちゃね」スリスリ
花陽「はひっ……そんなとこまで……///」

穂乃果「……♪」サスサス

花陽「くぅ……」

 

花陽(おへそから、下腹部にかけて……撫でられると……)
花陽(なんだか、変な気持ちに……///)

穂乃果「……はあ、……はあ……///」ドキドキ
花陽(ひゃん、穂乃果ちゃんの息が、耳にかかって)

 

花陽「ん……っ/// はあ……っ///」

 

 

273 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/02/04(水) 18:29:50.37 ID:xbjp9mnv.net

.
穂乃果「あれれ? どうしたの~? 声が上ずってる気がするけど?」スリスリ

花陽「な、そんな、こと……ないよ……///」

 

花陽「穂乃果ちゃん、お願い、もう……やめて……」

花陽「あとは……自分で、やるからっ……///」

 

穂乃果「え~っ、自分で、シちゃうんだ……♪」クスクス
穂乃果「どうしよっかな~」

>>275

 

 

274 :名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/:2015/02/04(水) 18:38:09.78 ID:ESumux2N.net

バンザイさせて脇を洗う

 

 

275 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/:2015/02/04(水) 18:38:35.69 ID:H44yv9+7.net

足を洗う

 

 

282 :名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/:2015/02/04(水) 19:47:47.83 ID:ilpXaRnx.net

内もも!内ももはあるんですか!?

 

 

284 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/:2015/02/04(水) 20:28:39.59 ID:WHwnwOQl.net

芋さん早よ!
ほのぱなに俺の興奮が抑えきれないんじゃあああ

 

 

285 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/02/04(水) 20:55:31.76 ID:p6c8Ntab.net

.
穂乃果「やっぱりまだダメ♪ 次は足を洗うよ~」

花陽「あ、あしを……?」

穂乃果「うん、じゃあ花陽ちゃんはその向きで座ったままでいいよ、穂乃果が前に行くから」
花陽「えっ/// 前にって、その……」

穂乃果「どうしたの? 大丈夫だよ、女の子同士なんだから見られても気にしないで!」
花陽「そんな、そういうわけにいかないよ……///」キュッ
穂乃果「あーもー、そんなに強く脚閉じられたら洗いにくいよ!」

 

穂乃果「ほらほら、軽くで良いから脚開いて、まず右足を持ち上げて~」グイッ
花陽「やんっ……う、ううう……///」サッ

穂乃果(あっ、すぐに隠されちゃった……残念)

 

 

286 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/02/04(水) 20:59:29.53 ID:p6c8Ntab.net

.
穂乃果「じゃ、洗っていくね……♪」

スリスリ

花陽「っ……/// ほの、かちゃ……」

花陽「足の裏、くすぐった……///」

穂乃果「ごめんね、気を付けてるんだけどなあ~」
穂乃果「でも足の裏だからこそ、ちゃんと洗わなきゃ!」スリスリ

花陽「はっ……う///」モジモジ

穂乃果「動いちゃだめだよう、じっとしてなきゃちゃんと洗えないよ」ゴシゴシ

花陽「ん……くう……///」モジモジ

花陽(だめ、くすぐったくて、身体が勝手に動いちゃうよ……///)

 

 

287 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/02/04(水) 21:04:36.51 ID:p6c8Ntab.net

.
穂乃果(なんだか、足の形までかわいいなあ……///)ハァハァ

穂乃果「ほらほら、まだ動かないで? 次は左足ね」ヒョイ

スリスリ

花陽「あひゃっ! うう……///」
穂乃果「あれ、こっちの足の方が敏感なの?」ニヤニヤ

花陽「びんか……んって……そういう、わけじゃ……はう///」
穂乃果「違うなら、声出さずに、じっとしてられるよね?」ニヤニヤ

花陽「うっ……///」ギュッ

花陽(確かに、反応したら穂乃果ちゃんの思うつぼだ……我慢しよ!)

 

 

288 :名無しで叶える物語(長屋)@\(^o^)/:2015/02/04(水) 21:06:05.54 ID:lA1uiyli.net

良いなぁ

 

 

289 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/02/04(水) 21:06:45.29 ID:p6c8Ntab.net

.
花陽「…………」

穂乃果「指の間までしっかりと……」サワサワ
花陽「……!」ピクン

穂乃果「でね、ここのすじが血行にいいらしいよ……♪」ツー
花陽「……っ!!」ビクッ

穂乃果(花陽ちゃん、必死に我慢しててかわいい……)

穂乃果(これ以上やると、私、理性失っちゃいそうだよ///)

 

穂乃果「よ、よーし、こんな感じかな?」

花陽「……はあ、はあ……///」
穂乃果「お疲れさま! 昔雪穂と入ってた時を思い出して、念入りに洗っちゃったよ~」

 

 

290 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/02/04(水) 21:12:08.71 ID:p6c8Ntab.net

.
花陽「そう、なんですか……///」

花陽「つぎは、どこを……」

穂乃果「ど、どこって」
穂乃果「あれ? もっと穂乃果に洗ってほしいの?」

花陽「え? あっ……ち、ちがうの! 今のは……」

穂乃果「後は自分でやってもらおうかと思ったけど、花陽ちゃんが望むならしょうがないなあ~」
花陽「ごめん! 今の忘れて、ほ、ほのかちゃ」
穂乃果「いいのいいの! 遠慮しないで座って座って」

グイッ

花陽(しまったあ~……)

 

穂乃果(でも、自制がきく程度にしておかないと……///)

穂乃果(じゃあ、最後に、>>292だけ洗ってあげよ~♪)

 

 

291 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/:2015/02/04(水) 21:13:04.93 ID:WHwnwOQl.net

 

 

292 :名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/:2015/02/04(水) 21:14:31.88 ID:ilpXaRnx.net

うなじ

 

 

293 :名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/:2015/02/04(水) 21:14:47.33 ID:rZ5r9iuA.net

お尻

 

 

294 :名無しで叶える物語(地図に無い島)@\(^o^)/:2015/02/04(水) 21:19:53.63 ID:CRHjaMLt.net

内腿が見たかったぜ

>>1の完全なエロに持って行かない塩梅が好き

 

 

295 :名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/:2015/02/04(水) 21:31:57.80 ID:oQBj1lp1.net

お股だけ隠して足を広げて風呂の椅子に座るかよちん想像して死んだ

 

 

296 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/02/04(水) 22:09:21.01 ID:HpWbYfI6.net

.
穂乃果(じゃあ、最後に、うなじだけ洗ってあげよ~♪)

穂乃果「はい、花陽ちゃん、肩の力抜いて?」

花陽「は、はい……」ガチガチ
穂乃果「あはは、全然抜けてないよ~」

花陽「ど、どこに触る気でしょうか……」
穂乃果「大丈夫、最後はうなじだよ♪ 何も心配ないでしょ?」
花陽「う、うなじ……なら、まあ……」

穂乃果「はい、じゃあYシャツの襟が汚れないように、ここもしっかりと洗っておこうね」

 

穂乃果「ぴゅあがーるずだ~♪」サワサワ
花陽「ひっ」ピクッ

花陽(首元を人に触られるのも、なんだか落ち着かないです……)ゾクゾク

 

 

297 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/02/04(水) 22:10:38.76 ID:HpWbYfI6.net

.
穂乃果「純・粋・宣・言いぇいぇいぇーい♪」ゴシゴシ
花陽「んん……///」

穂乃果「…………///」ピタッ

穂乃果(花陽ちゃん、声がいちいち色っぽいんだよね……)
穂乃果(私にとっては、誘ってるようにしか聞こえないよ///)

穂乃果(うなじなんてこんなによく見るのは初めてだけど、かなり色っぽいし……///)

穂乃果(やっぱり、花陽ちゃんの身体、全部……触りたいなあ……)ゴシゴシ

 

 

花陽「あ、あの、うなじばっかりそんなにこすらなくても……」

穂乃果「あっ!? ごめんね、ちょっと考え事してて~!」
花陽「考え事……?」

 

 

298 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/02/04(水) 22:13:32.11 ID:HpWbYfI6.net

.
穂乃果「……」ゴクリ

穂乃果(さっきこれで最後って言ったけど……もう、いっそこのまま、隅から隅まで……!!)
穂乃果「いただきま~……」スッ

 

雪穂「お姉ちゃん、お風呂まだー?」

ほのぱな「!!」ビクッ

 

雪穂「私もご飯の前に入っちゃいたいんだけどー!」

 

穂乃果「あ、う、うん、えーっと!」
穂乃果「ふたりで入ってるから時間かかるの! もうちょっと待っててー!!」

雪穂「そっかー、はーい」

 

 

299 :名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/:2015/02/04(水) 22:18:31.34 ID:HpWbYfI6.net

.
ほのぱな「…………」

花陽「……あ、あの、雪穂ちゃんのために、急いであげよう?」

穂乃果「そ、うだね……」

 

穂乃果(雪穂のやつ~!!!)

穂乃果(……いや、落ち着け、私……)

穂乃果(まだ夜は長いんだし、ここで無理やり触って花陽ちゃんに嫌われたら元も子もない)
穂乃果(今はとりあえず、我慢、我慢……)

 

花陽(…………///)

花陽(どこまでオニギリの効果だったかわからないけど)
花陽(穂乃果ちゃん、積極的すぎだよ……///)

 

 

300 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/:2015/02/04(水) 22:58:58.38 ID:GxlI3FWh.net

穂乃果には責めがよく似合う

 

 

301 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/:2015/02/04(水) 23:10:02.74 ID:4CLkm9Sq.net

雪穂め

 

 

302 :名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/:2015/02/04(水) 23:24:11.08 ID:3ypZ4bdD.net

穂乃果の欲求は風呂で終わるから賢者モードになるのでは

 

 

303 :名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/:2015/02/04(水) 23:34:29.21 ID:M0K96p2O.net

まだまだ夜は長いのだよ

 

 

 

ラブライブおすすめ記事

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA