【ラブライブ】穂乃果「もうすぐ春だね~」海未「ですねぇ」 その2

LINEで送る
Pocket

前回:【ラブライブ】穂乃果「もうすぐ春だね~」海未「ですねぇ」

 

106 :名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/:2015/03/06(金) 18:44:20.19 ID:VCA2pwlP.net

海未「さて、東京駅までくれば
これからどこに行こうとしてるのか穂乃果も察してるとは思いますが」

穂乃果「うん。皇居にいくんだよね?」

海未「その通りです。まぁ、正確には皇居周辺ですけどね」


ラブライブおすすめ記事

 

穂乃果「皇居って小さい時に一度来て以来全く来てないんだよねー」

海未「そういえば私もここに来るのはかなり久しぶりです」

テクテク…
テクテク…

海未「さて」
海未「ここが皇居外苑になります」

穂乃果「あ、あれ?もう着いた?あっという間だね」

海未「歩いて2、3分程度の距離ですから」

穂乃果「…皇居ってこんなに近かったっかなぁ」
穂乃果「子供の頃ここに来た時はもうちょっと歩いた気がする」

海未「昔とは歩幅がちがいますから。成長した証ですよ」

穂乃果「……なるほど」

 

 

107 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/:2015/03/06(金) 18:46:00.70 ID:tvC8CGVJ.net

待ってました

 

 

108 :名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/:2015/03/06(金) 18:53:30.28 ID:VCA2pwlP.net

海未「手分けしてこの区画を探してみましょうか」

穂乃果「区画っていってもこの辺結構広いよ?どんな感じに探す?」

海未「この区域は4つの部分からなります。
皇居、皇居外苑、北の丸公園、皇居東御苑の4つです」

海未「とりあえず最初はここ皇居外苑だけを探してみましょう」

海未「わたしは南側、穂乃果は北側をそれぞれ探します。
それでいいですか?」

穂乃果「いいよー」

海未「それじゃさっそく」
穂乃果「うん」

海未「つくし探し開始です!」
穂乃果「お~」

・・・
・・

ガサガサッ
穂乃果「ない!」

ガサゴソッ!
穂乃果「つくし絶対にないよここ!ある気配がまるでない!」
穂乃果「ていうかほとんど芝生しかないしっ!
生える余地なしっ!」

海未「……」

ガサガサッ

穂乃果「ありそう?」

海未「………場所を変えましょうか」

 

 

110 :名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/:2015/03/06(金) 18:57:27.98 ID:VCA2pwlP.net

穂乃果「つくしないね」

海未「ま、まぁこの辺りは駐車場的な役割を果たしてる場所のようですから
奥に行けば自然豊かな場所があるはずですよ」

穂乃果「……あるかなぁ」

海未「あ、ありますよ!
図書館にも生えてたくらいなんですから!
都心部でも指折りの自然スポットのここにないわけがありません!」

穂乃果「…そ、それもそうだよね。…うん!」
穂乃果「よし!それじゃあどんどん探索しよー!」

海未「えぇ!やりましょう!」

 

 

111 :名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/:2015/03/06(金) 18:58:14.18 ID:VCA2pwlP.net

念のため書いておきますが、
>>102は軽いジョークです。つくしじゃありません

 

 

112 :名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/:2015/03/06(金) 19:12:38.94 ID:VCA2pwlP.net

穂乃果「とりあえず奥に行ってみよっか」

海未「はい」

テクテク…
テクテク…

穂乃果「おー?なんか見えてきたね」

海未「あれはー…濠ですね。それから向こうには…」

穂乃果「……」
海未「……」

穂乃果「おぉ!?」
海未「おぉ!?」

門『ズドーーーン』
Bdh5ArS

穂乃果「う、海未ちゃん!なんか遠くにやたら立派な門があるよ?!」

海未「し、しかも鉄柵に警備員まで用意されて…
な、なんて厳重な…!」

穂乃果「ね、ねぇ海未ちゃん…あの先ってまさか…!?」

海未「た、たぶん…い、いえ!
絶対そうです!きっと!あれは…!!」

警備員「……」
警備員(チラッ?)

穂乃果「あっ。やばいっ、こっち見た!」

海未「か、隠れましょ!逮捕されます!」

サササッ

警備員「……」

 

 

113 :名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/:2015/03/06(金) 19:13:59.56 ID:VCA2pwlP.net

コソコソ…

穂乃果「ね、ねぇ海未ちゃん。あの厳重な警備はやっぱり…!」

海未「はい。間違いないです。
あの立派な門構えと、道路の広さを見ればすぐにわかります」

門『ドーーン』

海未「あの向こうには…美佳子様がいます…!!」

穂乃果「女子大生におなりになられたあの美佳子様がっ!
あの門の向こう側にっ!?」

海未「はい!間違いありませんよ!」

穂乃果「う、海未ちゃんどうしようっ!
わ、私どうしたらいい?!」

海未「落ち着いて穂乃果!
どうするもこうするもやることは決まってますよ!」

海未「写真です!とりあえず写真とりましょう!」

穂乃果「わ、わかった!」

パシャパシャ!パシャパシャ!

警備員「……」

 

 

114 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/:2015/03/06(金) 19:17:19.08 ID:4rK7XaGi.net

可愛い

 

 

115 :名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/:2015/03/06(金) 19:26:49.51 ID:VCA2pwlP.net

パシャパシャ!

穂乃果「うおおお!」

パシャパシャ!

海未「ど、どうですか穂乃果!撮れてますかー?!」

穂乃果「うん!撮れてる!バッチリ撮れてるー!」
穂乃果「バッチリ鉄柵が撮れてるよー!!」

パシャパシャ!

海未「いいですよ穂乃果!
その調子でどんどん撮っちゃって!」
穂乃果「うん!」

パシャパシャ!
パシャパシャ!

穂乃果「海未ちゃん!いい感じ!
いい感じに鉄柵が撮れてるよーっ!」

海未「Good!Goodですよ穂乃果!
そのままペースを弱めないで撮りまくりましょう!」

穂乃果「うん!撮る!!」

パシャパシャ!

穂乃果「うおおー!!」
穂乃果「うおー…」
穂乃果「……」

海未「ほらいい感じに!
……って、穂乃果?手が止まってますよっ!
ほら!撮らないと!ほらっ!」

穂乃果「……」
穂乃果「…ふと思ったんだけどさ、海未ちゃん」

海未「は、はい?」

穂乃果「あの向こうには本当に美佳子様がいるのかもしれないけど」

穂乃果「でもいくらここで写真を撮っても映るのは鉄柵だけだよ」

海未「そりゃ……」
海未「……そりゃそうですよね」

穂乃果「ちょっと冷静になろう」
穂乃果「はしゃぎ過ぎてるよ私達」

海未「……はい」

 

 

116 :名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/:2015/03/06(金) 19:32:59.28 ID:Ot0gkrCl.net

はしゃぐ海未ちゃんぐうかわ

 

 

117 :名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/:2015/03/06(金) 19:40:34.94 ID:VCA2pwlP.net

テクテク…
テクテク…

穂乃果「あ、また門だ」

海未「さっきのよりは少し小さいですね」

穂乃果「中に入れるのかな?」

海未「うーん…無理そうです。立ち入り禁止って書いてあります」

穂乃果「そっかぁ…また立ち入り禁止かぁ」

ゾロゾロ…

穂乃果「ここの門はさっきと違って観光客がたくさんいるね。
もしかして有名なとこなのかな?」

海未「あ、もしかしてこれが
あの有名な桜田門じゃないですか?」

穂乃果「そう……なのかな?
看板もパンフレットも何もないからよくわかんないなぁ」

海未「……とりあえずお客さんがいるからには
有名な門なんでしょう。きっと」

パシャパシャ!

海未「とりあえず撮っておきましょう」

パシャパシャ!

穂乃果「じゃあ穂乃果も一応」

パシャパシャ!

P4iRTki
owoRtUQ

 

 

118 :名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/:2015/03/06(金) 19:45:48.78 ID:VCA2pwlP.net

穂乃果「この門なんて名前なんだろ」

海未「謎ですね」

穂乃果「中に入れないならせめて名前くらいは知りたいなぁ」

海未「警備員さんに聞いてみます?」

警備員「……(ジロッ)」

穂乃果「うーん。そうだなぁ」

ゾロゾロ、ゾロゾロ

穂乃果「おっ。ツアー客の人達だ」

海未「邪魔にならないように少し離れましょうか」

穂乃果「ほいほい」

そそそ…

 

 

120 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/:2015/03/07(土) 11:33:10.77 ID:qbZpdZLZ.net

ツアーのガイド『~~!~~~~!』

穂乃果「お。門の説明が始まったみたいだよ?」

海未「……ちょっと気になりますね」

ツアーのガイド『~~!~!!!』
ツアーのガイド『~~!~~!』

穂乃果「おぉ…」海未「おぉ…」

ツアーのガイド『~~!!!~~!!!!!』

穂乃果「み、見て海未ちゃん
ガ、ガイドさんものすごいヒートアップしてる」
海未「完全に振り切れてますねあれ」

ツアーのガイド『~~!~~!!!!!』

穂乃果「ど、どんな説明してるのかな?」
海未「さぁ…」

お客さん『おー!!』
お客さん『おーー!!』
お客さん『おーーー!!』

パチパチ←拍手する音

穂乃果 「……気になるね」
海未「……気になりますね」

 

 

121 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/:2015/03/07(土) 11:47:55.70 ID:qbZpdZLZ.net

海未「あれだけ熱心に説明するということは、
きっとよっぽど歴史のある門なんでしょうね」

穂乃果「門の名前で検索してみる?」

海未「したいですけど……無理ですよ。」
海未「名前、わかりませんし」

穂乃果「……そうだったね」

ガイド『~~!ー』
お客さん『キャッキャッ!』

穂乃果「……」ジーッ
海未「……」ジーッ

お客さん『キャッキャー!』

穂乃果「いっそ、
あの人たちの中に混じって説明聞いちゃう、っていうのはどうかな」

海未「…ダメです。
私たちツアー客じゃないんですから」

穂乃果「……まぁ、それもそうだよね」

ガイド『~~~!!』
お客さん『AHAHAHAHA!』

海未「!!!」
海未「ほ、穂乃果っ!い、いまの歓声はっ!」

穂乃果「う、うん!
きっとガイドさんが小粋でウィットに富んだジョークをかましたに違いないよ!」

お客さん『AHAHAHAHA!』
お客さん『AHAHAHAHA!』
お客さん『AHAHAHAHA!』

海未「す、すごい大受けしてますね」
穂乃果「ドリフ並みの大爆笑…」

海未「……」
穂乃果「……」

海未(……どんな説明してるんですか!?)
穂乃果(……どんな説明してるの!?)

 

 

122 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/:2015/03/07(土) 12:01:58.66 ID:qbZpdZLZ.net

穂乃果「……」
穂乃果「ふ、不可抗力!」

海未「え?」

穂乃果「不可抗力で、偶然たまたま
ガイドさんの説明が耳に入ってきたってことなら、別に問題ないよね?」

穂乃果「不可抗力だもん」

海未「そ、それは…」

穂乃果「私たちはただ門の前で観光してただけ。

たまたま、偶然、思いがけず、図らずも
隣にツアーのお客さんがいて、ガイドさんの説明が耳に入ってきた」

海未「……」

穂乃果「それなら別に問題ないよね?」
穂乃果「不可抗力だもん」

海未「……」
海未「……」
海未「…その通りです穂乃果」

海未「それは不可抗力です!」
海未「私たちは全然悪くありません!」

穂乃果「よし!それじゃあ海未ちゃん!」

海未「えぇ!そうですね穂乃果!」

穂乃果「門の前、もうちょっと近づいてみよっか?」

海未「はい。こんな遠くからでは門が見えませんからね!」


・・
・・・

《見テ見テ海未チャン。向コウニ何カアルヨー?》

《エーホントデスカー?》

《ホントホントー!イッテミヨウイッテミヨウ》

・・・
・・

 

 

123 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/:2015/03/07(土) 12:03:42.49 ID:qbZpdZLZ.net

・・・
・・

穂乃果「ふぅ…立派な門だったね」

海未「はい。立派でした」

穂乃果「人もたくさんいてね」

海未「えぇ。きっと有名な門なんでしょう」

穂乃果「あ」
穂乃果「そういえば、隣でガイドしてる人がいたよね」

海未「いましたね」

穂乃果「ガイドさんの説明、聞こえた?」

海未「はい。聞こえました」
海未「偶然ですけど」

穂乃果「そうなんだ。実は穂乃果も聞こえたんだよね」
穂乃果「偶然だけど」

海未「……で。どうでしたか?ガイドさんの説明は」

穂乃果「うん。あれはたぶん」
穂乃果「……」
穂乃果「中国語、だね」

海未「………」
海未「何言ってるのかさっぱりわかりませんでした…」

穂乃果「うん…わたしもだ…」

 

 

124 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/:2015/03/07(土) 12:15:22.98 ID:T3TA21K6.net

あるあるw

 

 

125 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/:2015/03/07(土) 12:21:34.82 ID:qbZpdZLZ.net

テクテク…

穂乃果「あそこで過ごした数十分は一体なんだったんだろうね…」

海未「何一つ得るものがありませんでした…」

穂乃果「うん…」

テクテク…

穂乃果「あ」
穂乃果「また門が見えてきたよ?」

海未「また門ですか」

テクテク…

門『どーーん』

穂乃果「案内板がある…えーっと、
これは桜田門っていうんだって」

海未「桜田門。桜田門外の変のあの桜田門ですね」

穂乃果「ふーん…有名なんだね。
ここはどういう場所なの?」

海未「大老、井伊直弼が暗殺された場所です」

穂乃果「ふーん…」

海未「写真とっておきます?
この門は本当に有名な門ですよ?」

穂乃果「……穂乃果はいいや。
知らないおじさんがどうなろうと穂乃果あんまり興味ないし…」

テクテク…

海未「おじさんて。桜田門外の変は歴史的大事件なんですよ?」

穂乃果「いらない興味なーい」

海未「そうですか」
海未「まぁ、私は撮りますけどね」

パシャパシャ!

 

 

126 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/:2015/03/07(土) 12:25:03.50 ID:qbZpdZLZ.net

穂乃果「この門ここくぐると外に出ちゃうみたいだね
どうする?」

海未「出ましょう。
皇居周りをここからぐるっと右に回って北の丸公園に向かいます」

穂乃果「北の丸公園…」

海未「地図でいうと、ここです」

x8zAkwB

穂乃果「公園、ね」
穂乃果「皇居の中には入れないのかな」

海未「それは……どうなんでしょうか」

穂乃果「……今の所、門と砂利くらいしか見てないよね、私たち」

海未「………そうですね」

穂乃果「しかも結局、さっきの門の名前はわからずじまいだし」
穂乃果「……」

海未「……」

テクテク…

 

 

127 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/:2015/03/07(土) 12:29:28.34 ID:qbZpdZLZ.net

穂乃果「……ん!?」
穂乃果「海未ちゃんごめん、もう一度地図見せてもらっていい?」

海未「いいですよ。はい」

ペラッ

穂乃果「地図からすると……皇居の周りをぐるーっと半分大きく回るんだよね」

海未「そうなりますね」

穂乃果「公園までどれくらい歩くことになるんだろ」

海未「皇居は一周5キロで、北の丸公園は大体その半分くらいの距離」
海未「歩く速度を時速5キロとするなら」

海未「30分はずっと歩きっぱなしですね」

穂乃果「さんじゅっ…」

海未「今日は念のため運動靴にして正解でしたね」
海未「さ。行きましょうか」

穂乃果「うげー…」

 

 

129 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/:2015/03/07(土) 12:35:58.97 ID:qbZpdZLZ.net

テクテク…

穂乃果「もう一時間近く歩いてる気がする…」

海未「まだ10分も歩いてませんよ」

穂乃果「海未ちゃん」

海未「はい」

穂乃果「私たち何しにここにきたんだっけ…」

海未「何しにってそりゃ」
海未「ウォーキングをしに来たんですよ」

穂乃果「違うよ。つくしを探しにきたんだよ?」

海未「ちゃんと覚えてるじゃないですか」
海未「さ。つくしまであともうちょっとです。あと少しだけ頑張りましょう」

穂乃果「あと少し…」
テクテク…
穂乃果「…海未ちゃんの『あと少し』はいつも適当だから信用できない…」

海未「あと少しあと少しー」

穂乃果「はーい…」

はい…

 

 

130 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/:2015/03/07(土) 12:45:11.21 ID:qbZpdZLZ.net

テクテク…

【タッタッタッ!】

テクテク…

【タッタッタッ!】

穂乃果「ふむ」
穂乃果「さっきから気になってたんだけどさ」

海未「?」

穂乃果「この辺の人はみんな走ってるんだね」

海未「皇居周辺はランニングスポットとして人気なんですよ」

穂乃果「ほほー」

【タッタッタッ!】

穂乃果「あんなお爺ちゃんまで元気に走って…」
穂乃果「私たちも走ってみる?」

海未「止めはしませんけど」

穂乃果「嘘。いまの嘘
走るのだけはやめよう」

海未「……何がしたいんですか?穂乃果は」

テクテク…

海未「あ。また門が見えてきましたね。
半蔵門、ですって」

穂乃果「ふーん」

海未「またすごい厳重ですねぇ」

穂乃果「そうだねぇ」

海未「写真とります?」

穂乃果「潜れない門に興味はないよ」

海未「そうですか」
パシャパシャ!
海未「私は撮りますけどね」

穂乃果「う、海未ちゃんさっきから撮りまくりだね」

 

 

131 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/:2015/03/07(土) 13:00:54.43 ID:qbZpdZLZ.net

穂乃果「あ!」
穂乃果「海未ちゃん!男の人の像があるよ!」

bHD0hcw

海未「すっ!?」
海未「すっぽんぽん!すっぽんぽんですよ!この人たち!」

穂乃果「すごい筋肉だね~っ」

海未「この脚の筋肉のつき方は
見せる用の筋肉じゃなくて戦うための筋肉ですねぇ…!!」

海未「はぁ……惚れ惚れする筋肉です~っ///」

穂乃果「ほら海未ちゃんっ。これこそ写真撮らないと!」

海未「はっ!たしかに!」

パシャパシャ!
rH8d4HJ

穂乃果「こっちのアングルもいいんじゃない?」

海未「ああっ…!こっちもいいですねぇ!
僧帽筋と三角筋の絶妙な角度!たまらんっちぃ!!」

パシャパシャ!
c2F8kd8

穂乃果「あっ!」
穂乃果「海未ちゃんよく見て!
鳩が頭に乗っかってるよ!?」

鳩『くるっぽー』

海未「鳩!平和の象徴!
平和と筋肉のコラボレーション!良いテーマですねぇ!」

パシャパシャパシャパシャ!!

穂乃果「おおっ?!」
穂乃果「あの鳩よく見たら頭にウンチしてるっ!!」

hxGT9W4

穂乃果「これはシャッターチャンスだあああ!!!」

パシャパシャパシャパシャ!!

海未「うおおおお!!上腕二頭筋んんんっっ!!!!」

 

鳩『皇居まで来てなにやってんだこの娘ら…』

 

 

132 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/:2015/03/07(土) 13:05:39.37 ID:KMdORiPA.net

ホモが嫌いな女子なんていません!

 

 

133 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/:2015/03/07(土) 13:22:32.20 ID:qbZpdZLZ.net

・・・
・・

穂乃果「そろそろ30分経つよー?」

海未「あと少しあと少し」

穂乃果「それ20分前にも聞いたよー」

テクテク…

海未「あ。ほら見えてきましたよ」
海未「進行方向右手側が乾門」

穂乃果「ここもまた入れる雰囲気じゃないね」

海未「そうですね」
パシャパシャ!
57e7RNc

穂乃果「もはや極々自然に門の写真を撮ってるね海未ちゃん…」

海未「そして左手側」
海未「こちらが北の丸公園となります」

穂乃果「やっとついた~…」

海未「科学館や美術館、そして日本武道館と
色々ある場所ですが、
私たちの目的はただ一つ。つくし採りです」

穂乃果「よし!ここまで来たからには絶対見つけようね!海未ちゃん!」

海未「はい!日が落ちるまで探しましょう!」

 

 

134 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/:2015/03/07(土) 13:36:08.44 ID:qbZpdZLZ.net

csbfoO8

 

 

135 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/:2015/03/07(土) 23:43:54.53 ID:MwdUGrtd.net

穂乃果「それじゃあ、また手分けして探そっか」

海未「ですね」

穂乃果「ね。海未ちゃん。勝負しない?」

海未「勝負?」

穂乃果「どっちがたくさんつくしを見つけられるか、勝負しようよ!」

海未「……ふふっ。いいですね
その勝負のりました!」

穂乃果「負けたら罰ゲームだからね~」

海未「望むところですよ!」
海未「私が勝ったら穂乃果には鼻からスパゲッティを食べてもらいますからねー!」

穂乃果「望むところだー!」

海未「え?望むんですか?」

・・・
・・

~十分後~

穂乃果「ありそうー?」

海未「ないですー」

穂乃果「こっちもないよー」

海未「枯葉で隠れてるのかもしれませーん!
枯葉をよけて探してみましょー!」

穂乃果「わかったー!」

~十五分後~

穂乃果「どうー?」

海未「ないですー」

穂乃果「こっちもないー」

・・・
・・

 

 

136 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/:2015/03/07(土) 23:46:13.21 ID:MwdUGrtd.net

~一時間後~

ガサガサッ
ガサガサッ

穂乃果「……」

海未「……」

ガサガサッ
ガサガサッ

穂乃果「……」
海未「……」

黙々、黙々、黙々…

穂乃果「……」
穂乃果「あった?」

海未「……」
海未「ありません」

穂乃果「そっか」

 

 

137 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/:2015/03/07(土) 23:47:58.98 ID:KMdORiPA.net

競争とは

 

 

138 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/:2015/03/08(日) 00:00:10.02 ID:Wxi8YFsc.net

ガサガサッ…

穂乃果「ないね」
穂乃果「もうある気配がない」

海未「……」

穂乃果「どうする?このままここで探す?」

海未「そうですねぇ…」

穂乃果「海未ちゃん海未ちゃん!実はね!」
穂乃果「一つだけ妙案があるんだけど!」

海未「妙案?なんですか?」

穂乃果「向こうにある科学技術館に行く、という選択肢はどうだろうかっ」

海未「科学技術館……あぁ。そういえば向こうにありましたね。
でもそこにいってどうするんですか?」

穂乃果「どうするってそりゃ」
穂乃果「実験見たり、展示物見たりして……」
穂乃果「遊ぶの」

海未「……」
海未「つくしはどうするんですか」

穂乃果「諦める」

海未「……」
海未「却下です」
ビシッ!

穂乃果「えー」

 

 

139 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/:2015/03/08(日) 00:14:08.51 ID:Wxi8YFsc.net

海未「……北の丸公園はダメですね場所を変えましょう」

海未「外苑、北の丸公園がダメなら
次は3つ目の場所、皇居東御苑に行きます」

穂乃果「東御苑ねぇ…」
穂乃果「…どうせまた見つからないんじゃないの?
歩き損になるんじゃないの?」

海未「……」

穂乃果「それならいっそ諦めて科学技術館に……」

海未「……ふっふっふっ!
それが違うんですよ穂乃果」

海未「実はこの場所が、今回の散歩の本命なんです!」

穂乃果「そうなの?」

海未「ネットで調べた結果、
堀の坂と東御苑が一番頻繁につくしが目撃されているそうです!」

海未「東御苑なら!確実につくしが見つかりますよ!」

穂乃果「ほ、ほんとに!?」

海未「間違いないです!グーグルさんがそう言ってましたから!」

穂乃果「て、ていうか
そんな場所があるなら真っ先にそこに行こうよ!
なんですぐに行かなかったのさ!」

海未「いやだって、あっさりとつくしを見つけては面白くないでしょう?」

穂乃果「は?!」

海未「達成感というものは、苦労をしないと得られないものですからね。
これだけ苦労した後に見るつくしは感動もひと塩のはずですよ!」

穂乃果「なっ……なななな」
穂乃果「何言ってるの!?達成感なんてどうでもいいよ!
そんな場所があるのに数時間もなにやらせてんだこのやろー!

……と!言いたいとこだけど!
東御苑なら絶対にあるんだね?」

海未「はい!確実にあります!
この辺りで一番自然豊かな場所らしいですから確実に!」

穂乃果「……よしわかった!
この際つくしが見つけられるなら今までのことについて文句は言わないよ!」

穂乃果「とにかく!今すぐ東御苑に行って念願のつくしを拝もう!」

海未「はい!行きましょう!」

 

 

141 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/:2015/03/08(日) 00:24:04.63 ID:Wxi8YFsc.net

in front of 皇居東御苑

海未「うむ」
穂乃果「うん」

穂乃果「ついたね」
海未「つきましたね」

p75phrg

海未「……」
穂乃果「……」

穂乃果「さて海未ちゃん」
海未「は、はい」

穂乃果「この落とし前、どうつける?」
海未「……」

ザザッ!

海未「すっ」
海未「すみませんでしたああああ!」

 

 

142 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/:2015/03/08(日) 00:26:28.42 ID:Dko6c4rq.net

>>141
インターホン押せよw

 

 

143 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/:2015/03/08(日) 00:42:04.46 ID:Wxi8YFsc.net

穂乃果「月金は休園だってさ」
穂乃果「今日何曜日だっけ?」

海未「き、きんようびです」

穂乃果「そうだね。金曜日だね」

海未「……」

穂乃果「……」

海未「あっ…も、もしかしたらインターホン押したら中に入れてくれるかも?」

穂乃果「休園って看板がついてるのに?」

海未「そ、それはぁ…」

???『すみません。インターホンの前、失礼してもよろしいですか?』

海未「えっ」穂乃果「あっ」

スーツ着たおじさん(ニコニコ)

穂乃果「あ、はい。すみません。どうぞ」
海未「ど、どうぞどうぞ」

スーツ着たおじさん『ありがとうございます』
スーツ着たおじさん『(ペコリ)』

海未(ペ、ペコリ)
穂乃果(ペ、ペコリ)

スッ…

海未(えっ!)
穂乃果(えっ!)

スーツ着たおじさん『(ピンポーーン)』

穂乃果(押した!!)
海未(押した!!)

 

 

144 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/:2015/03/08(日) 00:48:30.06 ID:Wxi8YFsc.net

ピンポーーン

海未「!?」
穂乃果「!?」

海未(こ、このおじさん、インターホン押しちゃいましたよ!?)
穂乃果(だ、だいじょぶなのかな?!)

スーツのおじさん『~~~。』

穂乃果(…なんかインターホン越しにお話してるみたい…)

海未(なんの話ですかね)

穂乃果(ここからじゃ聞こえないよっ)

ガラガラッ!

海未「あ、開いた…」穂乃果「開いた…」

スススーッ←スーツのおじさんが中に入ってく音

穂乃果「おじさん中に入ってっちゃった…」

海未「あ!今なら中に入れるのでは!?」

穂乃果「はっ!確かに!今なら門が開いてるもんね!」

海未「いざ!門の向こうへ!」

穂乃果「いざいざ!」

警備員「……(ジロッ)」

海未「ひっ」
穂乃果「う、うそですすみません…」

 

 

145 :名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/:2015/03/08(日) 01:58:28.45 ID:tGmAsdG8.net

in外は大丈夫だったのにたoutside 外で死んだ
しえん

 

 

146 :名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/:2015/03/08(日) 13:07:03.91 ID:JjOdPwl7.net

ワロタ

 

 

147 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/:2015/03/08(日) 14:20:35.48 ID:qdM87w/A.net

テクテク…

海未「すみませんでした穂乃果…」
海未「私が不勉強だったばっかりにこんなことに…」

テクテク

穂乃果「仕方ないよ。
急に決まったお散歩だったんだし」

テクテク

海未「でも真っ先にここに来ていればこんなことにはなりませんでした…。
無駄に労力を使わせてすみません…」

ぺこり

穂乃果「まー、北の丸公園で探し回ったり、
皇居の周りをたくさん歩いたのはたしかに少し疲れたけどね」

穂乃果「でもそれもこれも全部、
私を感動させるためにしたことだったんでしょ?」

海未「は、はい。一応…」

ニコニコ

穂乃果「それなら全然問題ナシだよ!」
穂乃果「海未ちゃんが私のためにしようとしてくれたことなら
結果がどうなろうとそれだけで嬉しいもん!」

海未「穂乃果….」

穂乃果「それに、
大変だったけど海未ちゃんとお散歩するの楽しかったしね♪」
穂乃果「また海未ちゃんとお散歩したいなぁ~」

ニコニコ

海未「穂乃果……っ」
海未「……はい!また行きましょう!
今度こそ完璧なプランを立てて見せます!」

穂乃果「期待してるね♪」

海未「はい!任せてください!」

 

 

148 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/:2015/03/08(日) 15:40:16.42 ID:bPsqM2tm.net

テクテク…

穂乃果「皇居まわりは一通り回っちゃったね」

海未「そうですね」

テクテク…

穂乃果「これからどうしよっか?」

海未「そうですねぇ…
いっそ、つくし探しは一端諦めて後日するということにして
今日のところはこのまま科学技術館にでもひやかしに…」

タッタッタッ…

???「ハッ…ハッ…ハッ…」

穂乃果「あ、人きた。海未ちゃん、もうちょっと右によってくれる?」

海未「はい」

???「ハッ…ハッ…………はっ!?」

穂乃果「?」海未「?」

???「…………」じーーー…

???「………ハッ…ハッ」タッタッタッ…

穂乃果「…なんかすごい見られたね」
海未「なんでしょうね。さっきのサングラスの女の子」

穂乃果「もしかして知り合いだったのかな?」

海未「まさか。私の知り合いにあんな奇抜なファッションで
ランニングする人は一人もいませんよ」

 

???「はっくしょんっっ」

 

 

149 :名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/:2015/03/08(日) 16:35:42.55 ID:V7SxDGUj.net

テクテク…

穂乃果「なんか天気曇って来ちゃったね」

海未「雨が降らないといいのですが…」

穂乃果「海未ちゃん折りたたみ傘持ってきてたりする?」

海未「ありますよ」

穂乃果「穂乃果傘持ってくるの忘れちゃった
もしもの時は海未ちゃんの傘に入ってもいいかな?」

海未「もちろん。構いませんよ」

穂乃果「やったっ。ありがとね海未ちゃん」

テクテク…

???「……」ジーー…

穂乃果「あ。さっきの人だ」

???「……」じーー

海未「椿の花を見てるみたいですけど…何かあるんですかね?」

穂乃果「花を愛でてるんじゃないの?」

???「………」
???(ブチッ!)

海未「あ」
穂乃果「あ!お花ちぎったよあの人?!」

 

 

150 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/:2015/03/08(日) 17:30:34.81 ID:1uKMY2Zb.net

ブチッ

穂乃果「あ。またちぎった」

ガサカザッ

海未「そして今度は採った花をカバンの中に入れましたね」

穂乃果「…ねぇ海未ちゃん。あれって大丈夫なのかな?」
穂乃果「法律的に」

海未「さぁ。法律は詳しくないのでよくわかりませんが…」

ブチッ

海未「……見ていてあまり気持ちの良いものではありませんね」

ピクッ
???「……」

穂乃果「お花なんてちぎってどうするんだろ。
お部屋に飾るとか?」

海未「そういう目的もあるかもしれませんが、
椿の花は色々と使えるんですよ。
花びらのてんぷら、ジャム、香水の原料、染料と色々と」

穂乃果「へ~」

???「……」

 

 

151 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/:2015/03/08(日) 17:31:25.62 ID:1uKMY2Zb.net

海未「皇居周辺の生態系はとても豊かで
貴重な植物がたくさんあります」

海未「春や秋になると、
タラの芽、蕨、ゼンマイ、コゴミ…山の中の山菜まで自生しているそうです」

穂乃果「こんな都会で山の植物も?そりゃすごいねっ」

海未「そんな皇居ですが、
近年、植物や花を無断で大量に採る人が増え始めて、
生態系に影響が出始めてるらしいんですよ」

穂乃果「えー!なにそれ!ひどい!」

???「ウッ…!」

海未「無断で採る人の一部は、

『私有地ならともかくここは国の土地。
国の土地なら国民として採る権利はあるはず。
何をしても問題はないはずだ!』

…なんて言う人もいます。ですがその主張は間違えていると思います」

海未「単純にモラルの問題です。

ほら、見てください彼女のあの姿を。
たかだか椿数枚のために柵を越えて、大きなカバンまで持ち込んで摘み取るあの姿を」

海未「なんて…浅ましいんでしょう…」
???「ガハァッ!」

穂乃果「……ほんとだね。なんだか意地汚いね」
???「グフウッッ!!」

海未「人間ああはなりたくありませんね」
???「ブフウッ!!」

 

 

152 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/:2015/03/08(日) 17:46:53.02 ID:1uKMY2Zb.net

???「……」
ザクザク

穂乃果「あ。堀から登ってきた」

???「………」

ザッザッザ

海未「こ、こっちに近づいていませんか?」

ザッザッザ

穂乃果「ち、ちかづいてるっ。近づいてるよ!」

海未「に、にげた方がいいんじゃ…」
穂乃果「う、うん。はやく逃げっ」

???「待ちなさい!」

ビタッ!!

海未「は、はい!」穂乃果「はい!」

???「……あんた達の話、聞かせてもらったわ」

海未「き、聞こえてらっしゃいましたか?」
穂乃果「あ、あの…それは違くて、その」

???「………」
???「…あんた達の言う通りね」

海未「え?」穂乃果「へ?」

???「あたしが間違えていたわ」
???「ごめんなさい」

ペコリ

海未「お、おぉ…?」
穂乃果「おぉ…!」

 

 

153 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/:2015/03/08(日) 18:39:29.25 ID:fCdPAqaQ.net

???「あたし休日はよくここにきて、山菜とかお花を摘んでたのよね。
あたし以外にも色んな人が摘んでたからいいのかなって思って…」

???「お花の数枚、山菜数個、べつに構わないだろう…って思ってた」

???「…でも、海未の話を聞いてハッとしたわ」

海未「う、海未?」

???「たとえ一人一人の被害は小さくても、
たくさんの人が同じことをしたら大きな被害になってしまうのよね…」

???「今までのあたしは自分のことしか考えていなかった…
先のことをこれっぽっちも考えていなかった…」

???「……自分の無責任さが恥ずかしいわ…っ」

穂乃果「そ、そんなことないよ。
今こうやって反省できてるんだから貴女は立派だと思うよ?」

???「ありがとう。穂乃果
こんな私を慰めてくれるのね…」

穂乃果「ほ、穂乃果?」

???「でも、今までの過ちのなかったことにすることはできないわ
しっかりと過ちを受け止めて清算しなければならないわね…」

海未「……」
穂乃果「……」

???「穂乃果。海未。二人とも早く気が付かせてくれて本当にありがとね
危うくもっと大きな過ちを犯すところだったわ」

海未「あ、うん」
穂乃果「い、いえいえ」

???「このお礼は後で必ずさせてもらうからね」

海未「は、はぁ」
穂乃果「は、はぁ」

海未「……」
穂乃果「……」

海未・穂乃果((……この人どうして私達の名前知ってるの!?))

 

 

154 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/:2015/03/08(日) 18:57:29.61 ID:fCdPAqaQ.net

穂乃果(なんで私たちの名前知ってるのかな?)

海未(もしかしたら、スクールアイドル繋がりで私たちをしってるのかも)

穂乃果(なるほど、それでだね)

海未(…ファンにしては気さくすぎる気もしますけどね)

椿ドロ「ん?二人とも何をボゾボソ言ってるの?」

穂乃果「べ、べつに何でもないですよ?」

椿ドロ「ふーん?そう?」
椿ドロ「そういえば今日は穂乃果と海未の二人だけなのね。
ことりはどうしたの?」

海未「よ、よもやことりまでご存知とは…」

穂乃果「ことりちゃんなら風邪引いたみたいで寝込んでるみたい」

椿ドロ「ふーん…
冬から春になって暖かくなるっていうのに風邪なんて変わってるわね」

穂乃果「まぁ気温は上がったとはいってもまだ寒いからね。
油断して薄着で外に出かけちゃったみたいで」

椿ドロ「なるほどね」

 

 

155 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/:2015/03/08(日) 19:26:46.83 ID:fCdPAqaQ.net

穂乃果(この人ほんとに誰なんだろうね)ボソ

海未(かけてるサングラスが大きすぎて顔が見え辛いですが…
身長や喋り方から察するに中学生じゃないでしょうか)

穂乃果(たしかに。中学生っぽいよねこの娘)

椿ドロ「ん?ボゾボソ言ってなんの話してんの?」

海未「な、なんでもないですよ?」
穂乃果「なんでもないよ??」

椿ドロ「ふーん。…ま、なんでもいいわ」

椿ドロ「ところで、
あんた達はこれからどこか行く予定とかあるの?」

穂乃果「え?えーっと
つくしはもう見つかりそうにないしなぁ…」

海未「この後は特に予定はないですね」

椿ドロ「ふーん」
椿ドロ「………それならさ」モジモジ
椿ドロ「も、もし予定がないなら、これから一緒に遊ばない?」

穂乃果「え?」
海未「え?」

椿ドロ「こうやって学校の外で会えることなんて滅多にないんだし、
せ、せっかくだし…ど、どうかしら?」チラッ、チラッ

穂乃果「……」海未「……」

椿ドロ「……黙ってないでなんか言いなさいよ!
どうなの!?暇なの!?忙しいの!?遊ぶの遊ばないの!?」

穂乃果「ご、ごめんなさい!」

椿ドロ「え……」

海未「少しタイムもらってもいいですか?!」

椿ドロ「……はぁ?タイムゥ!?」

・・・
・・

 

 

156 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/:2015/03/08(日) 19:28:30.41 ID:fCdPAqaQ.net

~タイム中~

穂乃果(う、海未ちゃん海未ちゃん!
あの人学校の外って言ってたよ!)

海未(学校のどこかで会っていた、ということですね!)

穂乃果(ということはあの娘は穂乃果たちと同じ高校生…)

海未(……高校生には全然見えませんね)

穂乃果(ね)

海未(遊びたいそうですが…どうします?)

穂乃果(うーん。そうだなぁ)

椿ドロ「……ねぇ。さっきからなんなの?」
椿ドロ「さっきから二人だけで喋ってばっかりで…」

海未「え!?い、いえべつに深い意味はないですって!」

穂乃果「深い意味なんてないよ!全然ないからね!」

椿ドロ「ふーん…」ジト-…
椿ドロ「……まぁ。あんた達が私に隠れて
なんの話をしていようとどうでもいいけどね」

穂乃果(ホッ)海未(ホッ)

椿ドロ「……」
椿ドロ「……あたしには聞かれたくない話なんだろうし」ボソッ

 

 

157 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/:2015/03/08(日) 20:05:13.74 ID:I1K1L0xR.net

某黒髪ツインテールさんかな?

 

 

158 :名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/:2015/03/08(日) 20:18:29.83 ID:nBtpnQip.net

大銀河No.1アイドルにこ!

 

 

159 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/:2015/03/08(日) 20:33:35.27 ID:hDlBz4Q9.net

いったいなにこなんだ

 

 

160 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/:2015/03/08(日) 20:35:09.21 ID:VO2IOjXD.net

にこがサバイバーという風潮

 

 

161 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/:2015/03/08(日) 23:41:16.30 ID:ZNtbAkgO.net

レス500くらいまで超gdgdダラダラで続けるのと、
180レスくらいまでにパキっとチャキっと纏めるの、
どっちがいいと思いますか?参考にしたいので教えてもらえるとありがたいです

 

 

162 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/:2015/03/08(日) 23:43:53.15 ID:VO2IOjXD.net

パキッと纏める必要があるSSだろうかいやない

 

 

163 :名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/:2015/03/08(日) 23:45:21.31 ID:1uKMY2Zb.net

ありがとうございます
gdgdと続けると思うのでご容赦ください

 

 

164 :名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/:2015/03/09(月) 00:02:53.24 ID:dGG9DWGH.net

>>162
お前はわかってる

 

 

 

ラブライブおすすめ記事

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA